花の生活

Home > 2011年12月

2011.12.28 Wed 浅草の羽子板市とスカイツリークリスマスバージョン

師走の17~19日に、浅草寺境内で開かれる羽子板市は浅草の風物詩として有名です。
江戸後期のころから女子の誕生した家に羽子板を贈る風習ができました。
羽子板市の起源は、古くは「邪気を跳ね返す板」として
女の子の成長からを願う風習からきています。
ちなみに、羽子板市で売られている押絵羽子板の起源は、
文化・文政年間(1804~1829)頃からといわれ、
江戸末期には歌舞伎の役者絵が画題となり
江戸中心に現在に続いています。
浅草の羽子板市は明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」の
主要商品として販売されたのが始まりだったそうです。
江戸末期には歌舞伎の役者絵が画題となり江戸を中心に現在まで続いています。
境内には約50軒の羽子板の露店が並び賑わっています。
今回、ブログの更新を長らくさぼってしまったのでついでに
スカイツリークリスマスバージョンも合わせてアップします。

浅草羽子板市
浅草羽子板市 浅草羽子板市
浅草羽子板市 浅草羽子板市
浅草羽子板市 浅草羽子板市
浅草羽子板市 浅草羽子板市
浅草羽子板市 浅草羽子板市
浅草羽子板市 浅草羽子板市
スカイツリークリスマスバージョン スカイツリークリスマスバージョン

スカイツリークリスマスバージョン

スポンサーサイト